freeeアクセシビリティー・ガイドラインについて

ガイドライン策定の背景

freee社内では、プロダクトのアクセシビリティー改善を目的とした取り組みが進められる中で、いくつかの参考情報が有志によってまとめられてきました。この文書は、これらの情報を1箇所に集約し、継続的に更新していくことで、開発の現場でより使いやすい資料を提供することを目的に策定されているものです。

Webアクセシビリティーに関するガイドラインとしては、2008年にW3C勧告となったWCAG 2.0が国際的に広く用いられています。さらにWCAG 2.0は、ISO/IEC 40500:2012として国際標準規格となり、その一致規格としてJIS X 8341-3:2016にもなっていて、日本国内においても参照されることが多いガイドラインになっています。

WCAGを社内で用いるガイドラインとして採用できるのがある種理想的な形ですが、これはあまり現実的な方法とは言えません。WCAGは、特定の技術に依存しない形で記述されているためです。こうすることで、今後Web上で用いられる技術がHTML、CSS、JavaScript以外のものに移行した場合にも適用できる内容になりますし、Web以外の媒体にも適用できるものになる可能性が高くなるという利点があります。しかし、結果として表現が抽象的になり、開発の現場においては理解しづらいものになってしまっているのも現状です。この問題を回避するために、開発の現場での使いやすさを意識し、WCAGの内容を踏襲した独自のガイドラインをまとめることになりました。

このガイドラインは、以下の方針で編集しています:

  • 抽象的で分かりづらい表現をなるべく廃し、HTML/CSS/JavaScriptを用いた開発およびiOSやAndroidのアプリケーション開発を意識した具体的な表現を用いる。

  • 画像、リンク、フォームなど、対象となるコンテンツの種類ごとにやるべきことが分かるように分類する。

  • freeeのプロダクトの性質などを考慮して優先度を見直す。

  • ガイドラインを満たしているかどうかを確認する方法をなるべく明記する。

  • 理解を助けるための参考情報や事例を提示する。

なお、このガイドラインは2018年にW3C勧告となったWCAG 2.1に基づいて策定しています。WCAG 2.1は、WCAG 2.0策定後の状況の変化などを反映した項目追加などがされていますが、互換性を保った変更となっていますので、WCAG 2.1を満たすことでWCAG 2.0やJIS X 8341-3:2016を満たすことにもなります。

ガイドラインの構成

この文書では、アクセシビリティーを担保するために必要な事項(ガイドライン)を、適用対象ごとのカテゴリーに分類しています。

各ガイドラインは、ガイドライン本文に加えて以下に示す項目から構成されています。

優先度

各ガイドラインには、以下のいずれかの優先度が割り当てられており、各ガイドラインのタイトルと合わせて示しています。

[MUST]

必ず満たすべき項目。満たさなければアクセシビリティー上の致命的な問題を生じる。WCAGの適合レベルAに相当。

[SHOULD]

できるだけ満たすべき項目。WCAGの適合レベルAAに相当。

なお、freeeではWCAGのAA相当準拠を目指していますので、WCAGのAAAの項目は含んでいません。

また、freeeのプロダクトの性質などを考慮して、一部WCAGの適合レベルとは異なる優先度を割り当てたガイドラインがあります。具体的には当ガイドラインの優先度とWCAG 2.1の適合レベルに示しています。

この指標は、WCAGへの適合を意識した開発を行う場合などに活用することを想定したものです。一方、後述する各チェック内容の「重篤度」は、具体的な問題が持つ影響の大きさを示した指標です。

意図

各ガイドラインが、どのようなユーザーのどのようなニーズを満たすものなのかを簡単に示しています。そのガイドラインが解決しようとしている問題の本質を理解することで、ガイドラインを満たしているかどうかのより正確な判断につながります。

対応するWCAG 2.1の達成基準

そのガイドラインを満たすと、WCAG 2.1のどの達成基準を満たしたことになるのかを示しています。達成基準 (SC) の番号、原文へのリンク、ウェブアクセシビリティ基盤委員会 (WAIC) による翻訳版へのリンクを掲載しています。

なお、WCAG 2.1の各達成基準と当ガイドラインの項目との対応に、WCAG 2.1の各達成基準に対応するガイドラインの一覧を示しています。

参考情報

必要に応じて、「意図」をより良く理解するための参考情報や、チェック方法に関する補足情報へのリンクを掲載している場合があります。

チェック内容

そのガイドラインを満たしているかどうかを判断するために行うチェックの例を示しています。ここに示しているのはあくまでも例で、他により適切なチェック方法が存在する可能性もあります。

各チェック内容は、以下の構成になっています。

チェックID

各チェック内容にはIDを割り当ててあります。すべてのチェックはアクセシビリティー・チェック全項目一覧にまとめてあり、「チェックID」からリンクしています。

対象

対象は、「チェック内容」の種類に応じて、以下のように分類しています。

デザイン

主に仕様を決める時点や設計段階で確認すべき項目

コード

マークアップやコーディングを確認しなければ判断が難しく、主に実装時に確認すべき項目

プロダクト

実際に操作してみたときの挙動で判断でき、主に実装後に確認する項目

対象プラットフォーム

そのチェック内容の適用を想定しているものについて、以下のように示しています。

Web

デスクトップWebおよびモバイルのWeb(ブラウザーで表示されるものおよびWebビューで表示されるもの)

モバイル

モバイル・アプリケーション

重篤度

そのチェック内容を満たしていない場合の影響の大きさを示しています。

「優先度」がWCAGに基づいて各ガイドラインに割り当てられている2段階の指標であるのに対して、重篤度は各チェック内容に対して割り当てられている、以下の4段階の指標です。発生しうる具体的な問題の影響の大きさを示していて、より効率的な開発に活用することを想定したものです。

[CRITICAL]

操作不能になる人がいる

[MAJOR]

操作や情報取得が著しく難しくなる人がいる

[NORMAL]

不便を感じる人が少なからずいる

[MINOR]

問題はあるが影響は小さい

チェック内容

ガイドラインを満たすために必要な条件や行うべきことを示しています。

例示

対象が「コード」の場合、具体的な実装方法例を示している場合があります。

また、対象が「プロダクト」の場合、具体的なチェックの実施方法を示している場合があります。

関連文書

この文書のステータス

この文書は、freee社内で進められる新規プロダクト開発、既存プロダクトの改善の際に用いるために策定されたものです。freee社外のWeb開発においても、参考にしていただける部分があるのではないかと考え、一般に公開しています。

この文書は、より理解しやすいものにすることを目指して、参考情報や例示の追加、表現の改善などを随時行います。

この文書の最新版は以下のURLで公開しています:

HTML版

https://a11y-guidelines.freee.co.jp/

GitHubリリース・ページ

https://github.com/freee/a11y-guidelines/releases/latest

この文書の改善のための提案は、GitHub上でお知らせください。

著作権と利用許諾条件

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス「freeeアクセシビリティー・ガイドライン」は、freee株式会社が作成したもので、クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

Copyright © 2020-2021, freee株式会社

バージョン情報

この文書のバージョン:

Ver. 202110.1

公開日:

2021年10月11日