スクリーン・リーダーを用いたチェックの実施方法

Windows用スクリーン・リーダーのNVDAの初期設定の方法と、基本的な使い方について記します。

なお、本稿のキー操作の説明では、NVDA + Xのような表記をしていますが、これは初回起動時の設定の項で説明する「NVDA制御キー」を押しながらXを押すことを意味します。

標準環境

freeeでは、スクリーン・リーダーを用いて行う必要があるチェックについては、Windows上でNVDAとGoogle Chromeのそれぞれ最新版で実施することにしています。

mac OSではなくWindowsを採用しているのは、日本においてはスクリーン・リーダーを利用している視覚障害者のほとんどがWindowsを利用していると考えられるためです。NVDAを採用しているのは、WAI-ARIAなどの最新のWeb技術への対応が最も進んでいるスクリーン・リーダーであると考えられるためです。Google Chromeを採用しているのは、freeeでは最新版のGoogle Chromeを推奨環境としているためです。

事前準備

NVDAのインストール

以下の手順でNVDA日本語版の最新版をインストールします。インストール完了後の画面で、NVDAが自動的に起動します。NVDAが起動すると、いろいろな挙動が普段と異なった状態になりますので、後述するNVDAの終了方法を予め確認しておくことをお勧めします。

  1. NVDA日本語チームのサイトから、NVDA日本語版の最新リリースをダウンロード(https://i.nvda.jp/にアクセスすると、自動的にダウンロードが開始される)

  2. ダウンロードしたファイルを実行(実行すると音が出るので注意)

  3. 使用許諾条件を確認後、「同意する」をチェック

  4. 「このコンピューターにNVDAをインストール」をクリック

  5. 「ログオン画面でNVDAを使用」のチェックを外す

  6. 「継続」をクリック

  7. Windowsのユーザーアカウント制御の確認ダイアログでインストールを許可

  8. インストールが完了したら「OK」をクリック

初回起動時の設定

NVDAの初回起動時には、「ようこそ画面」が表示されます。

NVDAの「ようこそ画面」のスクリーン・ショット

以下を参考に、必要な設定をすると良いでしょう。

キーボード配列

通常は「デスクトップ」を選択します。

「ラップトップ」は、テンキーがないキーボードを使っている場合に便利なキーマップがデフォルト設定になっています。ただ、通常のチェック作業においては、テンキーに割り当てられた機能を使うことはほとんどありませんので、どちらを選んでも問題ありませんが、Web上の情報などはデスクトップ配列を想定して書かれているものが多いので、デスクトップのままにしておくと良いでしょう。

NVDA制御キー

NVDA制御キーは、他のキーと組み合わせて押下することでNVDAの機能を実行するためのキーで、デフォルトではInsert (Ins)キーになっています。ただ、ノートPCなどInsキーを搭載していない機種もあり、そのような環境での利用を可能にするために、他のキーをNVDA制御キーとして使う設定ができるようになっています。

テンキーがある場合、NumLockをオフにした状態で0キーを使うことが可能ですので、ようこそ画面では特になにも設定する必要はありません。

テンキーがない場合やInsキーがない場合は、変換無変換、あるいはその両方を使う設定にすると良いでしょう。

Escキーを指定できるようになっているのは、上記のいずれのキーもないような環境を想定したもので、具体的にはmac OS上の仮想Windows環境でNVDAを使用しているような場合に便利です。

なお本稿の説明では、NVDA制御キーをNVDAと表記します。例えば、NVDA + Nと表記した場合、ここで設定したNVDA制御キーを押しながらNキーを押すことを意味します。

その他の設定

検証作業の際のみNVDAを使う場合は、「Windowsへのログオン後に自動的にNVDAを起動」のチェックを外します。

この画面での設定は、今後変更することはほとんどありませんし、設定メニューから変更することも可能ですので、「NVDA起動時にこのダイアログを表示」のチェックは外しておくと良いでしょう。

その他の初期設定

NVDAには、ようこそ画面で設定できる項目意外にも、設定画面にかなり多くの設定項目があります。ここでは、NVDAを検証作業に使う場合に便利な設定について記します。

設定画面は、画面右下のシステムトレイにあるNVDAのアイコンをクリックして表示されるメニューから開くことができます。このメニューはNVDA + Nを押下することでも表示できます。

このメニューの「設定」には、「設定」と「日本語設定」という2つのサブメニューがあります。ほとんどの設定項目は「設定」の中にあります。「日本語設定」には、上記「ようこそ画面」で行った設定項目を含むいくつかの設定がありますが、基本的に変更する必要はありません。

「設定」画面では、左側に設定カテゴリーが表示され、右側に選択中のカテゴリーの設定項目が表示されます。

NVDA設定画面のスクリーン・ショット(「一般」を選択)

以下、最初にしておくと良い設定について、カテゴリーごとに記します。

音声

NVDA設定画面のスクリーン・ショット(「音声」を選択)

「音声エンジン」が、「Windows OneCore音声」になっていることを確認します。

「早さ」や「高さ」を、好みに合わせて変更します。もし高速な音声に慣れてきて、「早さ」を最高にしても遅く感じる場合は、「高速読み上げ」をチェックしたうえで、「早さ」を調整してみると良いでしょう。

なお、後述するように、音声の速度や高さは、この設定画面を開かなくても変更できるショートカット・キーがあります。

ビジョン

NVDA設定画面のスクリーン・ショット(「ビジョン」を選択)

「ハイライトあり」、「フォーカスをハイライト」、「ナビゲーターオブジェクトをハイライト」、「ブラウズモードのカーソルをハイライト」をチェックします。これらをチェックすることで、現在読み上げられている箇所を可視化することができます。

ブラウズモード

NVDA設定画面のスクリーン・ショット(「ブラウズモード」を選択)

「サポートされている場合画面レイアウトを使用」のチェックを外します。この項目がチェックされている場合、ブラウズ・モードでの読み上げ時に画面上の1行分のテキストがまとめて読み上げられます。このテキストの一部がリンクになっている場合、リンク箇所とそうでない箇所がまとめて読み上げられるため、リンク・テキストの確認などの際に分かりづらくなる可能性があります。なおこの設定は、NVDA + Vで変更することも可能です。

「フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード」と「テキストカーソルの移動を追跡する自動フォーカスモード」のチェックを外します。これらの項目がチェックされていると、ブラウズ・モードで操作している際に、状況に応じて自動的にフォーカス・モードに切り替わるため、混乱を生じやすくなります。

最低限知っておきたいこと

起動と終了

インストールの際にデスクトップにショートカットを作成している場合、デスクトップのショートカットをクリックするか、Ctrl + Alt + Nキーの押下で起動することができます。ショートカットがない場合は、「ファイル名を指定して実行」でnvdaと入力して起動します。

終了は、NVDA + Qの押下で可能です。このキー操作が何らかの理由で使えない場合は、NVDA + Nの押下、またはNVDAアイコンをクリックして表示されるNVDAメニューから終了することができます。

フォーカス・モードとブラウズ・モード

NVDAには「フォーカス・モード」と「ブラウズ・モード」という2つの動作モードがあります。

2つのモードの最も大きな違いは、フォーカス・モードではNVDA制御キーを用いたものを除いて、すべてのキー操作がそのままOSや現在フォーカス中のアプリケーションに渡されるのに対して、ブラウズ・モードではキー操作はNVDAが受け取り、NVDAの様々な機能の実行に用いられるという点です。

フォーカス・モードは通常の動作モードであるのに対して、ブラウズ・モードは主にWeb閲覧時だけに利用できるモードです。

Webブラウザーのコンテンツ表示領域にフォーカスがある場合など、ブラウズ・モードが利用できるときには、NVDA + スペースで2つのモードを切り替えることができます。

Web閲覧時は、通常はブラウズ・モードでコンテンツを確認し、フォーム入力時などにフォーカス・モードに切り替えるというのが一般的な使い方です。ただし、アプリケーションのような振る舞いをするWebコンテンツにおいては、主にフォーカス・モードで操作することもあります。

参考: Windows上で動作するスクリーン・リーダーの多くには、同様の動作モードが存在します。Microsoft Narratorでは、「スキャン・モード」がオンの状態がブラウズ・モード、オフの状態がフォーカス・モードに当たります。JAWSでは、「仮想PCカーソル」がブラウズ・モード、「フォーム・モード」がフォーカス・モードに当たります。

音声設定を変更するキー操作

前述の設定画面での音声設定を一時的に変更したい場合などに、設定画面を開かずに設定変更を行う方法があります。使用するのは、NVDA + Ctrlと上下左右の矢印キーです。

NVDA + Ctrl + 左矢印またはNVDA + Ctrl + 右矢印を押下すると、「高さ50」のように、設定対象の項目名と現在の設定値が読み上げられます。目的の設定項目が読み上げられるまで、このいずれかのキー操作を続けます。目的の設定項目が読み上げられたら、NVDA + Ctrl + 上矢印またはNVDA + Ctrl + 下矢印キーで設定値を調整します。

その他の知っておきたいキー操作

NVDA + Q

NVDAの終了

NVDA + N

NVDAメニューの表示

NVDA + S

読み上げモードの変更(誤操作で音声が出なくなった場合などに何度か押下してみると良い場合があるかもしれない)

NVDA + 1

入力ヘルプ(1度押下するとヘルプ・モードに入り、再度押下するとヘルプ・モードから抜ける。ヘルプ・モードでは、押下したキーの名称や役割が読み上げられる。)

参考: NVDAチートシート

ここまでで紹介したキー操作などはごく一部のものですが、NVDA日本語チームが公開しているNVDAチートシートには、他のキー操作も含めてまとめられています。GitHub上では、pptx版PDF版が公開されていますが、以下これを画像化したものを掲載します。

画像化したNVDAチートシート

NVDAの更新

NVDAは3カ月に1回程度、更新版がリリースされます。また、これらのメジャー・バージョンのリリースの間に、マイナー・バージョンがリリースされることもあります。

NVDAは、最新のブラウザーへの対応やWeb技術への対応など、継続的に改良されていますので、必ず最新版を使うようにしましょう。

デフォルトでは、NVDAの起動時に更新版がリリースされていないかチェックするようになっています。これに加えて、NVDAメニューを開いてヘルプ ‣ 更新を確認を実行することで、明示的に更新版のリリースを確認することができます。

Webコンテンツのチェック

Webコンテンツのチェックをする場合、基本的にはブラウズ・モードですべての情報にアクセスできることを確認することが必要です。

ブラウズ・モードでは、下矢印キーで読み進め、上矢印キーで戻って読むというのが基本的な操作です。上下の矢印キーで進む/戻る長さは、概ねHTMLソースの要素単位です。途中にリンクやspan要素でマークアップされた部分がないような段落であれば、p要素が1つのまとまりとして扱われます。一方、リンクがあればリンク部分が1つのまとまり、span要素があればその部分が1つのまとまりとして扱われ、上下矢印キーによる移動の単位になります。

NVDA + 上矢印を押下すると、直前に読み上げられた内容を再度読み上げさせることができます。(正確には、この操作はカーソルが現在ある行を読み上げさせる操作です。)

なお、左右の矢印キーは1文字単位の読み上げのために使います。

ページ全体を読み上げさせる

以下の手順で、ページ全体を読み上げさせることができます。

  1. Ctrl + Homeでページの先頭に移動

  2. NVDA + 下矢印で読み上げを開始

途中で読み上げを停止したい場合は、Ctrlキーを押下します。

再度NVDA + 下矢印を押下すると、続きを読み上げさせることができます。

操作を受け付けるコンポーネント

開閉できるメニュー、アコーディオンなど、何らかの操作を受け付けるコンポーネントについては、ブラウズ・モードでも操作ができることを確認する必要があります。

具体的には、ブラウズ・モードでそのコンポーネントを探し、そのコンポーネント上でキー操作を実行してみます。コンポーネントに対する操作のうち、EnterスペースEscによる操作はブラウズ・モードでも想定した挙動となることを確認します。その結果として新たなコンテンツが表示された場合は、そのコンテンツをブラウズ・モードで読み上げ可能なことを確認します。

これら以外のキー操作については、NVDA + スペースでフォーカス・モードに切り替えた上で確認します。

移動のための様々なキー操作

ブラウズ・モードでは、以下に挙げるようなキー操作でコンテンツ内を移動することができます。

ブラウズ・モードで使用できるキー操作(抜粋)

キー操作

説明

D、 :kbd`Shift + D`

次、前のランドマーク(リージョン)

HShift + H

次、前の見出し

LShift + L

次、前のリスト (uloldl要素)

GShift + G

次、前の画像

FShift + F

次、前のフォーム・コントロール

これらのキー操作に加えて、NVDA + F7の押下でページ内の要素ごとのリストを表示することができ、このリストを用いて移動することも可能です。