Android TalkBackを用いたチェック実施方法の例

ここでは、各チェック内容で示したチェック方法の例について、Android TalkBackを用いて実施するものをまとめて記しています。

チェックID:0172

フォーカスの移動時、文脈、レイアウト、操作手順に即した自然な順序でフォーカスが移動する。

  • リンクとボタン

  • フォーム・コントロール

  • その他、マウスやキーボード、タッチによる操作を受け付けるすべてのもの

1本指による左フリックおよび右フリックの操作でフォーカスを移動して、以下の点を確認する。

  • 選択状態の移動が、画面表示や表示内容の意味合いから考えて不自然な順序になっていない

  • 画面上に表示されているテキスト、表示されている画像の代替テキスト以外のものが読み上げられることがない

  • 画面上に表示されているもので読み上げられないものがない

チェックID:0201

何らかの機能を提供するためにページ中に埋め込まれているコンポーネントにフォーカスがあるとき、簡単な操作で、埋め込まれているものの外の領域にあるリンクなどにフォーカスを移動することができ、自動的にフォーカスが元の位置に戻されない。

例:

  • 動画や音声コンテンツのプレイヤー

  • デート・ピッカーなど、フォーム入力のためにJavaScriptで実装されたコンポーネント

1本指による右および左方向へのフリックの後、フリックする前に選択されていたオブジェクトに選択状態が戻らないことを確認する。

チェックID:0411

アイコンの役割や示している状態が分かるテキストが、スクリーン・リーダーで読み上げられる。

  • 1本指による右および左方向のフリックでアイコンに到達した際、そのアイコンの役割が分かるようなテキストが読み上げられることを確認する。

  • (フリックではなく)アイコンに触れたとき、そのアイコンの役割が分かるテキストが読み上げられることを確認する。

チェックID:0413

アイコンがテキストのラベルと併せて表示されている場合、同じ内容が重複してスクリーン・リーダーに読み上げられない。

1本指による右および左方向のフリックでフォーカスを移動した際、アイコンとそのアイコンに併記されているテキストが読み上げられ、結果として同じ内容が2度読まれるような状態になっていないことを確認する。

チェックID:0441

画像の説明がスクリーン・リーダーで適切に読み上げられる。

  • 1本指による右および左方向のフリックで画像に到達した際、その画像の意味が分かるようなテキストが読み上げられることを確認する。

  • (フリックではなく)画像に触れたとき、その画像の意味が分かるテキストが読み上げられることを確認する。

チェックID:0471

情報や機能性を一切持たない画像は、スクリーン・リーダーで読み上げられない。

1本指による右および左方向のフリックでフォーカスを移動した際、当該の画像が無視されて読み上げられないことを確認する。

チェックID:0531

画像化されているテキストと同じ内容がスクリーン・リーダーなどで確認できる。

  • 1本指による右および左方向のフリックで画像に到達した際、画像に含まれるテキストと同じ内容が読み上げられることを確認する。

  • (フリックではなく)画像に触れたとき、画像に含まれるテキストと同じ内容が読み上げられることを確認する。

チェックID:0711

ページ/画面の状態が変化したときも含めて、スクリーン・リーダーで読み上げさせた時、内容的、および視覚的に自然な順序で読み上げられる。

  • 1本指による右および左方向のフリックでフォーカスを移動した際、自然な、意味の理解を阻害しない順序で読み上げられることを確認する。

  • 別の画面への遷移を伴わずに表示内容を変更するような仕組みがある場合は、すべての状態において適切な順序で読み上げられることを確認する。

チェックID:0801

  • グローバル・ナビゲーション、ヘッダー、フッター、パンくずリスト、サポートUIなど、複数のページ/画面で共通に用いられている構成要素は、すべてのページ/画面で同じ出現順序になっている。かつ

  • これらの構成要素の中でのリンクやボタンの出現順序は、すべてのページ/画面で同じになっている。

1本指による右および左方向のフリックでフォーカスを移動した際の読み上げ順序が、一貫していることを確認する。