キーボード操作によるチェック実施方法の例

ここでは、各チェック内容で示したチェック方法の例について、キーボード操作によって確認するものをまとめて記しています。

参考:Tab/Shift+Tabキーを用いたチェック

チェックID:0172

フォーカスの移動時、文脈、レイアウト、操作手順に即した自然な順序でフォーカスが移動する。

  • リンクとボタン

  • フォーム・コントロール

  • その他、マウスやキーボード、タッチによる操作を受け付けるすべてのもの

TabキーとShift+Tabキーでフォーカスを移動して確認する。

チェックID:0201

何らかの機能を提供するためにページ中に埋め込まれているコンポーネントにフォーカスがあるとき、簡単な操作で、埋め込まれているものの外の領域にあるリンクなどにフォーカスを移動することができ、自動的にフォーカスが元の位置に戻されない。

例:

  • 動画や音声コンテンツのプレイヤー

  • デート・ピッカーなど、フォーム入力のためにJavaScriptで実装されたコンポーネント

Tab, Shift+Tab, 矢印キー、ESCキーのいずれかの操作で、フォーカスを移動できることを確認する。

チェックID:0801

  • グローバル・ナビゲーション、ヘッダー、フッター、パンくずリスト、サポートUIなど、複数のページ/画面で共通に用いられている構成要素は、すべてのページ/画面で同じ出現順序になっている。かつ

  • これらの構成要素の中でのリンクやボタンの出現順序は、すべてのページ/画面で同じになっている。

TabキーおよびShift+Tabキーでフォーカスを移動した際、移動順序が一貫していることを確認する。