自動的に変化するコンテンツの問題点

自動更新される情報を含めて、動きがあったり点滅したり自動スクロールしたりするようなコンテンツが他のコンテンツと同時に同じページに存在すると、認知障害や注意障害があるユーザーの中には情報を読み取ることが困難になるユーザーがいます。そもそもこのような動的な変化が自動的に発生せず、短時間しか継続しなければ、この問題は発生しませんが、そうでない場合にはその動的変化をユーザーが制御できるようにすることを求めています。

さらに[SHOULD]では、緊急の場合を除いて、プッシュ通知などによる割り込みをしないことを求めています。一般に割り込みが発生すると、認知障害や注意障害があるユーザーの集中を削ぐだけでなく、スクリーン・リーダーを利用している場合に情報の読み上げが中断され、混乱を生じる場合があります。そういった混乱を生じないために、WCAGでは健康、財産、安全を守るために必要な場合を、割り込みを発生させても良い場合として限定しています。

ページの中のある程度の面積において、輝度が特定の頻度で交互に変化する(閃光が発生する)と、一部のユーザーの光過敏性発作を誘発する可能性があります。WCAGでは、Level A([MUST])としてより限定的な条件を示していて、「1秒間に3回以内」という条件はLevel AAAの達成基準で挙げられています。しかし、Level Aの限定的な条件を正確に満たすことや、満たしていることを確認することが難しい場合もあり得ますし、ユーザーの安全に関わることですから、freeeではより厳しい条件を示しているLevel AAAの達成基準を[MUST]の基準として採用しています。

参考: この達成基準はいわゆるポケモンショックを受けて追加されたものです。

関連ガイドライン