macOS VoiceOverを用いたチェック実施方法の例

ここでは、各チェック内容で示したチェック方法の例について、macOS VoiceOverを用いて実施するものをまとめて記しています。

macOS VoiceOverの初期設定や基本的な使い方などについては、macOSのVoiceOverを用いたチェックの実施方法を参照してください。

チェックID:0411

アイコンの役割や示している状態が分かるテキストが、スクリーン・リーダーで読み上げられる。

以下の操作をしたとき、アイコンの示す状態や機能が分かる読み上げがされることを確認する。

  • VOキーと左右矢印キーでVoiceOverカーソルを操作し、アイコンがある箇所を読み上げさせたとき

  • そのアイコンがボタンやリンクなど、フォーカスを受け取るものの場合、Tab/Shift+Tabキーの操作でフォーカスされたとき

チェックID:0413

アイコンがテキストのラベルと併せて表示されている場合、同じ内容が重複してスクリーン・リーダーに読み上げられない。

VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作で当該のアイコンとテキスト・ラベルがある箇所を通過したとき、アイコンとそのアイコンに併記されているテキストの両方が読み上げられるなど、結果として同じ内容が2度読まれるような状態になっていないことを確認する。

チェックID:0441

画像の説明がスクリーン・リーダーで適切に読み上げられる。

  • 以下の操作をしたとき、画像に関する簡潔な読み上げがされることを確認する。

    • VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作で当該箇所を読み上げさせたとき

    • その画像がリンクなど、フォーカスを受け取るものの場合、Tab / Shift + Tabキーの操作でフォーカスされたとき

  • 詳細な説明が必要な画像の場合、以下のいずれかを満たしていることを確認する。

    • 当該画像の直前または直後に詳細な説明があり、VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作で読み上げさせることができる

    • VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作で当該画像を読み上げさせたとき、詳細な説明が読み上げられる

  • いずれの場合も、説明が画像の内容を適切に表していることを確認する。

チェックID:0471

情報や機能性を一切持たない画像は、スクリーン・リーダーで読み上げられない。

VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作で当該の画像がある箇所を通過したとき、画像の存在が分かるような読み上げがされないことを確認する。

チェックID:0531

画像化されているテキストの内容を、スクリーン・リーダーで確認できる。

VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作で当該の画像を読み上げさせたとき、画像に含まれるテキストと同じ内容が読み上げられることを確認する。

チェックID:0561

見出しは、設計資料で示されている見出しレベルの見出しとしてスクリーン・リーダーに認識されている。

以下の手順で見出しリストを表示して、ページ中の見出しが過不足なく表示されていることを確認する。

  1. VO + Uを押下してローターのメニューを表示

  2. 「見出し」を選択

チェックID:0681

スクリーン・リーダーの見出しジャンプ機能やARIAランドマークで示される領域間ジャンプ機能で本文の開始位置を見つけることができる。

以下のいずれかの方法で、本文またはその画面の中心的な機能の開始位置を容易に見つけられることを確認する。

  • 次/前の見出しへの移動(VO + Command + H / VO + Command + Shift + Hキー)を用いて、本文直前の見出しに移動できる

  • 以下の手順でmain要素の先頭部分に移動でき、その直後から本文が始まっている

    1. VO + Uキーを押下してローターのメニューを表示

    2. 「ランドマーク」を選択

    3. 「本文」を選んでEnterキーを押下

チェックID:0711

ページ/画面の状態が変化したときも含めて、スクリーン・リーダーで読み上げさせた時、内容的、および視覚的に自然な順序で読み上げられる。

  • VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作でページ先頭から読み上げさせたとき、自然な、意味の理解を阻害しない順序で読み上げられることを確認する。

  • 別の画面への遷移を伴わずに表示内容を変更するような仕組みがある場合は、すべての状態において適切な順序で読み上げられることを確認する。

チェックID:0801

  • グローバル・ナビゲーション、ヘッダー、フッター、パンくずリスト、サポートUIなど、複数のページ/画面で共通に用いられている構成要素は、すべてのページ/画面で同じ出現順序になっている。かつ

  • これらの構成要素の中でのリンクやボタンの出現順序は、すべてのページ/画面で同じになっている。

VOキーと左右矢印キーによるVoiceOverカーソルの操作で読み上げさせたとき、複数のページで読み上げ順序が一貫していることを確認する。

チェックID:0861

スクリーン・リーダーで、グローバル・ナビゲーションやパンくずリスト内でそのページの位置が分かるような読み上げがされる。

VOキーと左右矢印キーによる読み上げで、パンくずリストやグローバル・ナビゲーションの中で現在表示中のページを表す箇所を読み上げたとき、「現在のページ」というような発声があることを確認する。

チェックID:0951

エディット・ボックス、チェックボックス、ラジオボタンなど、フォーム・コントロールは、適切にラベル付けされている。

VoiceOver有効時にTab / Shift + Tabキーを用いてフォーカスをそのフォーム・コントロールに移動した際、対応した適切なテキストが読み上げられることを確認する。